いろいろな投資方法


株には興味があるけと、余裕の資金がないという人の投資方法です。
「ミニ株」「るいとう」と呼ばれる投資方法があります。

ミニ株は、その名の通り少ない株数で買うことが出来るというものです。
株の最低購入単位の10分の一で株を買うことが出来ます。
株の最低購入単位を単元株といいます。
例を上げますと、一株の株価が1000円、単位株1000株とします。
1000×1000=1、000、000で、最低必要資金100万円も必要です。
でも、ミニ株なら、10分の一、最低資金10万円で済みます。
なぜなら、1000株の10分の一、100株から買うことが出来るからです。
最近は、もっと便利になって、誰でも株取引を楽しめるようになりました。
ワン株と呼ばれるものです。
たったの一株から買うことが出来す。もちろん、手数料がかかります。

るいとうと呼ばれる、積み立て型の投資方式があります。
毎月決まった金額を同じ銘柄に投資するというものです。
長期投資をする人に向いています。

ミニ株やるいとうは、配当金がもらえるのかということが気がかりですが、買った株数に応じてもらえます。
はじめて株をするとなると不安ですが、少ない金額からだと始めやすいです。
株の感覚をつかむということでもいいです。
株式ミニ投資は、ほかにもいくつかあります。
ミニ株、プチ株、S株、まめ株などです。

信用取引は、よく聞きます。
どのようなことかといいますと、自分の持っている資金・有価証券などを担保にして、証券会社からお金を借りて投資することです。
例を挙げますと、100万円しか持っていないのであれば、100万円の取り引きだけしかできないのが、一般的な取り引きです。
これが信用取引になったとします。
300万円分の取り引きをすることが出来ます。
リスクが3倍になればリターンも3倍になるというものです。
これは、レバレッジ効果と呼ばれています。
信用取引にはルールというものがあります。
借りたものは返すというのが当然ですが、信用取引の場合、6ヶ月以内に返すというのがルールです。
無期限の信用取引もあるようですが、金利がかかるので、注意する必要があります。

普通の一般取引の場合、株が上がれば儲かります。
安く買った、株があがったところで売ります。
ところが、信用取引の売りの場合は、株が下がれば儲かるのです。
例を挙げますと、100円の株を1000株、証券会社から借りたとします。
借りてるので、すぐに売りに出します。
その後、一株90円まで下がったとします。
そこで、株を買い戻します。証券会社に1000株借りていたので、買い戻した1000株を証券会社に返します。
10万円で、取り引きしたものが、9万円で買いもどし、証券会社にも借りていた株を返したのです。
差額の1万円が、儲けになります。

また、信用取引では、追い証といって、追加で保証金を支払わなくてはならないことが発生します。
一般の取り引きでは発生しないことなので、株取引の初心者には向かない取り引きです。

MENU