新規公開株って?


新規公開株は、IPOとも呼ばれています。
新規に株を上場することによって、自社の資金調達が容易になります。
会社の知名度が上がり、高値がついて投資家にとって大人気株です。
新規公開株の買い方としては、どこの証券会社でも買えるものでないということを知っておく必要があります。
というのは、新規公開株は、割り当てられる株の数が決まっていて、割り当てられない証券会社も出てきます。
新規公開株をたくさん買おうと決めているのなら、数件の証券会社に口座を開いておくこと必要です。

新規公開株を希望した年には、抽選にあたらなければなりません。
例えば、10000株あったとします。
A社に5000株、B社に3000株、C社に2000株、割り当てられたとします。
それぞれ、A,B.C社、それぞれに、口座を開いておけば、抽選回数が多くなって、新規公開株を手にできるチャンスが多くなるということです。
抽選方法ですが、普通の総合証券だとお得意様優先枠というのが割り当てられています。
インターネット証券は、コンピューターで、完全に抽選者みんなに平等に行われます。

絶対に新規公開株の抽選に当選するということはいえないわけです。
新規公開株を手に入れるためには、公平な抽選を受けるためにネット証券への申し込みが必要となります。
総合証券の場合、取引額が大きいお得意様に割り当て分が多いので、抽選さえ手にできるチャンスに当選しにくくなります。
総合証券では、個人の投資家でも資金の多い少ないで、抽選にあたる有利不利が生まれてくるようです。
平等な抽選をと考えているのなら、ネット証券です。

総合証券でも主幹事的存在の大手の証券会社だと、新規公開株が割り当てられる株数が多く、新規公開株の抽選に当選するチャンスの確立が高くなります。
口座開設数が少ない証券会社も、新規公開株の抽選に、当選するチャンスの確率が高くなります。
証券会社によって、新規公開株への取り組み方が違うので、証券会社別に特徴を踏まえる事も大事です。
そうすることによって、効果的な方法で新規公開株の抽選のチャンスを手に入れることも出来易くなります。

新規公開株の配分は、大手の証券会社が多いのですが、その配分量は、資産家や取引が活発なお客様などのお得意様へ流れていってしまいます。
これは、値上がり益が期待することができる新規公開株をお得意様に優先的に配分することによって、もっと良い関係を築き上げるために行われます。
その配分量は、裁総量配分といいます。
資産家でもなんでもない私たちが新規公開株に当選しやすくなるには、完全に平等抽選がメインのネット証券に割り当て分が多い場合がチャンスです。
新規公開株は、利益率が高くて、投資家の間でも、大人気の株です。新規公開株の抽選に当選するチャンスをつかむのにもある程度勉強することが必要です。

MENU