海外投資信託


資産をいろんな国に分散して、投資するのもいいです。
中国やインドなど、新興国に投資している割合が多い海外投資信託があります。
どうして、新興国に投資する割合が多いのがいいのかといいますと、今後の成長力が高くて、リターンが大きいということがあげられます。
投資金すべてを投資するのには、リスクがあった場合大きいので、安定を保ちつつ、大きなリターンを得るというのが望ましいです。
先進国の国々、日本やアメリカは、急激に成長できる時期は過ぎました。
今後、大きな成長を期待するのは難しいです。
日本は、少子高齢化がますます進み、労働者も消費者も減っていき、アメリカよりも経済成長を望むことは難かしいいです。

反対に中国やインドなどの新興国はどうでしょう。
経済は右肩上がりに伸び続けています。
今後、その傾向は、続くものと予想されます。
ただし、経済基盤が出来上がってないので、経済成長率が、ガタッと下ることも考えられます。
でも、新興国に投資をして、大きな利益があることが統計からもはっきり読み取れ、投資しがいがあるのは明らかです。

海外株式投資は、販売手数料が無料で配分のバランスが取れた魅力的なコストのファンドがたくさんあります。
株式に配分される率が多くなると、株の変動が激しくなり、債権の配分が多くなると、株の価格が安定した、運用になります。
このようなバランスファンドの多くの商品は、安定的な運用を目的に作られた商品ですが、中には大きなリスクがあっても資産を増やしたいと思っている人に株式型のファンドの積みたて投資があります。

株式型のファンドで、すべて株式に投じても、リターンは確実に取れますが、一つ条件があります。
それは、20年以上持ち続けるということです。
短期で運用したいのなら債券の配分が多いファンドの方が有利です。
長期的な運用なら株式のほうが、リターンが良くなります。
でも、株式は、株価が上がったり下ったりを繰り返しながら、株価が上がっていきます。
だから、最初の数年間の株価は、債権のほうがリターンが高いです。
20年以上、投資できるのなら、株式型ファンドだけに投資して、大きな利益を得るのもいいです。
株式投資は、債券よりも利益を得る確率は高いのですが、安定した成長率と高リターンを期待することができる海外株式投資もあります。

直接販売型、低コストのファンドもあります。
直販ファンドと呼ばれるものです。
株を運用する会社がファンドを直接販売するので、管理などの手間にかかるコストが抑えられるので、安くすることができるというシステムです。
野菜の直売のような感じです。
CMなどのコストを抑えることによって、株式投資についてのセミナーなどが開かれています。

MENU