投資法を読む


株価チャートが右肩上がりになっているチャートの銘柄を買うことが狙いめです。
くぼみがなく、きれいな右肩上がりのチャートは、業績が好調な証拠です。
業績が悪化した場合は、どこか、くぼみがあるはずです。
かといって、今後も右肩上がりの好調な株価チャートを示すのかというと、それはわからないことです。
右肩あがりの投資法・銘柄の買い方は、いつでも安心して買えます。
特に、株の値がドンと下がったときが買い時です。
売り時は二つあります。
思ってもみなかったほど急騰騰したときです。
急に上がったあとは株価が下がります。
いったん、売りにだすほうがいいです。
もうひとつは、チャートが下に崩れた時です。

高配当株の投資の株価チャートも右肩上がりの株価チャートを示します。
右肩上がりの株価チャートの代表的な株といえます。
配当が多い分だけ、いったん、下落すると落ち込みは激しいです。
株価が下がりすぎたかなと思うようなところが、買い時です。
高配当の株は下げもきつく、ある程度値上がり益が得られたら、思い切って売ることです。
それもひとつの手です。
もう、ひとつの手は、とにかく、ずっと持ち続けることです。
そして、高い配当金を受けとり続けると言うのも一つの手です。
高配当株は、上手く運用するとリスクが少ない株です。
ただ、一つ注意することがあります。
一度、減配になると大きく下がることが予想されますので、会社の業績には注意する必要があります。

バリュー株は、割安感がメリットです。
なかなか、株の値段があがらないので、価格が上がるのを気長に待つことが大事です。
いつでも安いだけでなく、いつか適正価格になるという安心感があります。
買い時は、いつでも安いときが買い時です。
売るときのタイミングか難しいです。
売るときは、割安感が薄れたときが売り時です。

パニック株投資法もいいです。
会社の不祥事などが起こった後に、パニックが起こったように売り注文が殺到します。
このときが買い時です。
リバウンドが期待することができる投資法です。
会社で、何か不祥事が起きたとします。その会社の株を持っている株主は動揺します。
そして、不安になり株を売ります。
株が売られることで価格がぐんと下がります。
まだ株を持っている投資家は、株の値が、もっと下がるのではないかと、あせり始めて株を売ります。
株がどんどん売られて、との売られすぎた株を買います。
でも、ここで気をつけないといけないことがあります。
会社で起こった不祥事が、重大なものなのが、それほど大きな問題ではないのかということです重大なものならば株価がリバウンドする可能性は低いです。
軽い問題ならば、株価がじょうしょうするかのうせいはたかくなります。

MENU