証券会社に口座が複数あると便利な理由は?


たくさんある証券会社の中から、どの証券会社に口座を開こうかと迷います。
株の取引をする場合、証券会社に口座を開設しますが、たいがいの人はひとつ口座を開きます。
でも、数社の証券会社に口座を開設しておくと便利です。
なぜなら、取り引きの仕方ごとに証券口座を使い分けることができます。
口座を持っているだけで受けられるサービスがあります。
けっこう受けられるメリットが多いです。

証券会社に複数口座を持っていると使い勝手が良くなります。
ぞれぞれの商品によって手数料が違います。
また、証券会社によっても手数料が違うので、株を有利に運用することができるのがいいです。
投資家にとっては、手数料のコストはけっこう大きなデメリットになります。
できるだけ安く抑えて、株の投資にお金を使いたいところです。
口座を持っているだけで、いろいろなサービスを受けることができるだけでなく、株式投資について為になる情報が手に入ります。
たとえば、オンラインセミナーは、口座開設しているだけで、無料で受けることができます。
メールマガジンは、株式投資についての新規公開株を買うとき、口座を持っているだけで抽選確率が上がります。
システム上が不具合のとき、対応しやすいというメリットがあります。
証券会社によっても特徴がありますが、売買手数料が安くて、サービスが、充実している証券会社がいいです。

株で儲けたお金にも税金がかかります。
株が値上がりして喜んでも、また税金がかかります。
税金を納めるのは国民の義務です。
毎年、3月になると税務所へ申告しにいかなければなりませんが、証券会社が代行して行ってくれるサービスがあります。
それは、簡単にできます。口座を開設するときに、特定口座ー源泉徴収ありを選びます。
そうすると自動的に納税が行われます。
ただし、株の売買収益が20万円まで適応です。
株の売買収益が、20万円以上だと、税務署へ出向いて、申告する必要があります。
サラリーマンは、所得以外の収益が20万円未満だと非課税になります。

投資家に代わって、プロに株を運用してもらう投資信託もいいです。
株を買って、自分で運用するには難しい、リスクもあるしという人には、積み立て型の投資信託がいいです。
毎月の積立金1000円からはじめることができます。
いろいろな信託に積み立てをすると、分散投資にもなります。
投資信託の積み立ては、会社員だと給料から天引きされるので、貯金感覚で行えます。
投資信託も株と同様にいろんな種類があります。
海外投資信託もあります。
証券会社のキャンペーンと同じように手数料が無料になるところがあります。
投資信託は証券会社で取り扱っています。 

MENU