2種類の信用取引


信用取引には一般信用取引と制度信用取引の2種類があります。
一般信用取引は、投資家と証券会社との間で結ばれる取り引き契約です。
投資家は 証券会社から借りたお金に金利をプラスして、返済します。制度信用取引は、選考基準にパスした銘柄だけに行われる信用取引です。
株の返済期間は6ヶ月以内と決められています。
金利は、証券取引所で決められています。
選考基準が厳しい銘柄で、信用度の高い銘柄なので、貸し出しの金利は少し低めになっています。

貸借取引は、証券会社と証券金融会社との間で行われる取り引きで、投資家にとって直接的な関係ありません。
しかし、証券会社が資金調達や株券の調達は、証券金融会社から行っているので、間接的には関わっています。
証券会社が証券金融機関へ担保金を渡し、資金や株券を調達しています。
証券金融会社は、証券会社にお金や株を貸し出す役割をしています。
証券会社の銀行のようなものです。

株をしていると、もっとたくさん投資したい、もっと儲けたいという欲か出てきます。
信用取引だと。投資額は、だいたい3倍くらいに伸びます。
信用取引をすることによって、取り扱える金額が大きく増えるので、一般投資では出来なかった投資にも挑戦することができ、投資の幅が広がります。
信用取引をするのには、たくさんメリットがありますが、デメリットもあります。
株を持っている期間が長いほど、金利などの諸経費がかかってくるということです。
デイレートのように短期で運等する場合はいいのですが、長期になってくると、諸経費が膨らんできます。
急に、金額が増えるので、あれこれ投資しすぎてしまうことです。
取引が上手く行っているうちは利益が増えていいのですが、失敗すると損失が膨らみ、損失の金額が多くなります。

信用取引の手数料は証券会社によって、かなり異なるので、金額をチェックすることも大事です。
キャンペーン期間とかで、無料になることもあります。

信用取引口座を開設するには、通常の株取引をするときの口座開設とほとんど同じですが、まず証券会社に口座を開きます。
自分が取引したい証券会社のホームページの信用取引の資料を請求して、必要な項目を記入して、証券会社に返送すると、審査が行われます。
信用取引の審査にパスすると、信用取引の口座開設が完了します。

このところ、小口の株式投資ができることもあって、株を始める人が増えました。
特に、デイトレードを行う人が増えてきました。
デイトレードを行ううえでは、どのようなことに注意する必要があるのでしょうか?
一回あたりの取引手数料です。
デイトレードは、秒単位で株価が変動する取引です。
できるだけ、手数料が安い証券会社がいいです。

MENU