株って聞いたことがあるけど・・・


株ときくと、どんなイメージがあるでしょう? すごく単純に言うと、上手くいけば、儲かるし、そうでないと損をする、大まかの言うと、こんな感じです。
株をしたことのない人は、損をするだけと言う人が多いかもしれません。
人によっても、いろいろ感じ方はあるでしょうが、。

株には以前から興味があったので、ある年のこと、来年から株を始めてみようかなと、何気なく言ったつもりが、両親は、せきを切ったように猛反対。
どうしてって聞いてみると、株はプロがするもので、素人がすると損をするだけだといいます。
株について知ってるのかどうか、株取引をしたことあるのか、どうかも聞いてみると、取引したことはないけど、絶対怖いから、辞めておいたほうがいいといいます。

株に対しては良いイメージがないようです。
新聞やテレビでは、株に対して、悪いことだけしか伝えてないように思います。
株をして大損して、財産をすべて失ったとか、株で大損して、それを苦に自殺とか、少しオーバーなのですが、今はインターネットでも簡単に株取引ができる時代です。
株に興味を持って、勉強するべきです。
勉強していたら、ネカティブなことだけを言えないはずです。株は一か八かのギャンブルなんかではありません。
ある程度、株について勉強することが大事です。こつこつ資産を増やす方法があります。
また、リスクを回避する方法もあります。だれにでも、株でもうけるチャンスはあります、ただし、株取引をする場合は、株についての基礎的な知識が必要です。

株を始める前に、知っておくべきことがあります。
何事も知らないと損をすることがありますが、株をはじめるのに限っては、特に重要です。
株を運用することができるだけの余裕資金があるのかどうかが一番大事なことです。
もしも、このお金がなくなったら困るというようなお金なら、株はしないでください。
なぜかというと、落ち着いた正しい判断ができなくなるからです。いつまでにいくら必要だからという、あせった気持ちがあると、無理な投資をしかねません。
そうなると株で損をするということになりかねません。なんどきでも想ですが、あせるというのは良くないです。
だから、あくまでも、余裕のある基金で行うということが大事です。

株には元本の保証がないということを知っておくことも大事です。
だから余裕で、このお金は、なくなってもかまわないと思うくらい余裕のあるお金でないとダメです。
無理なことをするとるロクなことがありません。

インターネットの掲示板の書き込みには注意しましょう。
うそや大げさな表現が多く、買い時や売り時に対してあやふやな情報が多いでしょう。
うっかり、信用してしまうと損をしかねません。

MENU